[NBA] ルーキーたちが新ユニホームで変顔写真撮影!?

今日Twitterを見ていたら変な写真が流れてきた。

これは今年2013年のルーキー、Kelly Olynikが新チーム、セルティックスのユニホームを着ている写真。(個人的に次のDirk Nowitzkiになるのではないかと期待している逸材)

実はこれは#PaniniNBARookieというRookieたちの写真撮影会の一幕。Panini Americaという選手たちのトレーディングカードなどを作っている会社の、今年のルーキーたちのカード用写真撮影会が行われていた様子をTwitterで中継していたようだ。

選手たちが変顔をしている写真もあれば、まじめな顔の写真もある。また選手がユニホーム姿でドリブルスキルやダンクを披露している10秒以内の短い動画もある。(動画はvine.coというサービスを使って投稿されている)

↓なんとランチタイムの写真まで!これはこれで貴重な写真。ルーキーらしさがあってよい。(この量じゃ絶対食事足りてない・・・)

■ありふれたことをイベントに

おそらくこの写真撮影会は毎年行われていたありふれた光景だったのだと思う。が、それをPanini NBA Rookie Photoというイベントに仕立て上げ、スポンサーであるPaniniの名前を冠にし、さらにオフシーズンのネタの少ない時期に話題作りをすることに成功している。

特筆すべきはびしっと決めたポーズの写真だけでなく、ランチや選手同士がじゃれている写真、変顔写真、撮影中の様子を写した動画まで包み隠さず見せていること。Twitter、Instagram、Vineあたりが主に使われているのだがコストはほぼ0。コストがかからないのであれば接触面を増やす努力(点→面での接触)をしたほうがRTされる対象も増える(膨大なフォロワーがいてこその結果ではあるがそれぞれの写真・動画が50~200前後RTされている)。またいろんな選手・いろんな表情を見せるほうが、いろんな好みのファンにヒットする可能性もある。(このへんはAKB参照)

最後はNBA.comのサイトにちゃんとまとめて写真をアップしてフロー(Twitter上で流れて行ってしまう情報)からストック(NBA.com上でいつでも参照できる情報)に変換している。このへんは抜け目がない。

2013 Rookie Photo Shoot

まとめると、いつも行われていることに名前をつけてイベント化し、SNSの利点を生かして接触面を増やし、きっちり結果はストック化する。ソーシャルメディアの活用で先端を行っていると改めて思い知らされるイベントだった。

広告

[書評] SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導くFCバルセロナのマーケティング実践講座

本来はNBAについての話題が中心の本ブログだが、標題の本がとてもよかったので紹介したい。

本書はサッカースペインリーグのトップチームであり世界最強のサッカークラブと呼ばれるFCバルセロナに、ビジネスの世界からマーケッターとして飛び込んだ著者の経験をもとに、スポーツに関わる組織の実践的マーケティングを学べる本。

SHOW ME THE MONEY!ビジネスを勝利に導くFCバルセロナのマーケティング実践講座
エステベ・カルサーダ (著), 小澤一郎 (翻訳)
出版社: ソル・メディア

本書をオススメできるポイントをいくつか取り上げてみたい。

・体系的な説明

スポーツ・マーケティングに関する本(下部リンク)としてはエスキモーに氷を売るがあるが、エスキモーに氷を売るは物語調で読みやすいのに比べ、本書のほうがより体系的に書かれている。その分ボリュームも300ページ超と多い。

内容としても分析・戦略・ポジショニングとスポーツ組織においてあまり重要視されないが重要な要素からスタートし、メディア露出、実際のマーケティング(=価値をどのように売上に転換するか)、契約とその実行まで書かれている。おそらくスポーツマーケティングに関する本の中でここまで一貫して書いている本はないだろうし、特にスポンサー契約のひな形まで提示している本はないのではないだろうか。

体系としてはP50のスポーツ・マーケッターのロードマップなどは印刷して(もしくは写真を撮ってスマホに入れて)常に持ち歩きたいくらいわかりやすく、かつ全体を体系的に表していると考える。

・複数の視点

本書の中で定義されているスポーツ・プロパティとして大会、代表チーム、クラブ/チーム、選手がありそのいずれの立場であるかによってマーケティングの意味合いや取りうる方法は変わってくる。それをまんべんなく複数の視点から語っている。

またプロパティ自体の関係者(ステークホルダー)としてもファン(ソシオ)、スポンサー、メディア、サプライヤー、委託業者などがいるが、ポジショニング~メディア露出~マーケティングに至るまでの各プロセスでどのように接するべきか、という点についても触れられている。

上記2点を考慮すると複数の視点からバランスよくかつモレなく述べられている点がとてもよい。

・実践的

体系的でありながら、それぞれの要素の説明が一つ一つ具体的に書かれている。用いられている具体例もFCバルセロナでのものになっており、説得力がある。図表や数字も多い。かといって成功談だけが綴られているわけではなく、着任当初はほとんどのプロダクトを委託してしまっており自分たちでコントロールできるプロダクトがほとんどなく必死に権利を取り戻した話や、権利関係が複雑なために既に契約済みであることに気づかず他のスポンサーに肖像権を売りそうになって冷や汗をかいた話ものっている。

アンブッシュ・マーケティング(オリンピックやワールド-カップなどのイベントにおいて,公式スポンサー契約を結んでいないものが無断でロゴなどを使用したり,会場内や周辺で便乗して行う宣伝活動。(コトバンクより))への対策という項目もある。FCバルセロナならではの内容だ。

おすすめのポイントを3つほど書いたが、ボリュームもありとても一読して理解できる内容ではない。しかし帯の元日本代表主将 宮本恒靖の言葉にあるように、これから何度でも読み返す本として、ぜひ手元においておきたい1冊だ。

エスキモーに氷を売る―魅力のない商品を、いかにセールスするか
ジョン スポールストラ (著), Jon Spoelstra (原著), 中道 暁子 (翻訳)
出版社: きこ書房

カテゴリー:Sports Business, Thoughts

[NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

今回は小ネタ。

NBAの7 footer(2m13cm)の選手から見えている世界ってどんなのだろう?と思っていたのだが、それを体験することができるという記事を発見した。

Roy Hibbert’s Google Glass Gives Inside Look at Indiana Pacers’ Center Workout

Indiana PacersのRoy Hibbertという選手(たしか2m18cmのはず。今年のEastern Conference FinalではHeatを苦しめた)がGoogle Glassを装着し、録画した映像を公開している。2m18cmの身長から打つジャンプショット、ダンク、ブロックショット。いとも簡単にいろいろな動きをこなしているように見える。

# Google Glassの強度を考慮してか、練習中の映像となっている。

選手たちの動きは人から見ていてわかるのだけど、試合中にどのように視線を動かし状況把握し、どのように判断しているかは分からない。だがその状況把握→判断の流れこそがバスケットボールIQの要素の一つだと思っている。

Chris Paulがどのようにオフェンス時にコートの状況を把握しているのか、LeBronがどうやってあんなスピードでドライブしながらパスをキックアウトする先を見つけるのか、Ray Allenがどうやってスクリーンをかいくぐってフリーになりシュートを打つのか、Kevin Garnettがどのように状況を把握してディフェンスを行っているのか、などなど興味は尽きない。

Google Glassはまだまだ入手困難だろうが、GoPro Hero3でもちょっと不恰好で大きいが同じようなことができるのではないだろうか。誰かやってくれる人が出てこないだろうか。

[USAB] バスケアメリカ代表の再建

今バスケ日本代表はFIBAワールドカップ予選の真っただ中。アメリカ大陸でもそろそろ予選が始まるころだが、2012年オリンピックで優勝したアメリカ代表(USAB)は2014年ワールドカップの出場権を獲得しているため、この夏に予選を戦う必要もない。

そんな中でもつい先日次世代のアメリカ代表を担う若いNBA(大学生も少数)選手たちを30名程度集めたMini-Campが行われた。

そのMini-campの総括のようなかたちでNBA.comに以下のような記事が掲載されていた。

With talent pipeline full, USA Basketball turnaround is complete

アメリカ代表チームDirectorのJerry Colangeloを中心として、どのようにチームを再建してきたかという点について書かれている。それを要約してみたい。

■背景

NBA選手を擁したにも関わらず、2002年の世界選手権の6位、2004年アテネオリンピックの3位、2006年世界選手権の3位と、ヨーロッパやアルゼンチン・プエルトリコ等の台頭によりもはやアメリカは勝てない相手ではないという認識が広まっていた時期に、立て直しの切り札としてDirectorに就任したのがColangeloだった。

当時過酷なシーズンを戦った後の貴重なオフである夏の期間を代表活動に充てる選手はなかなかおらず、タレントは集められず毎回異なるメンバーで継続性にも乏しかった。その結果が10代から同じメンバーで活動してきたアルゼンチンへの敗北など、上記の結果につながっているといわれている。

■再建の第1歩:コーチKの登用とKobe、LeBronの参加確約

2005年にColangeloが就任したときには再建のために必要なことは何でもやる権限を与えられた。そして最初の仕事としてColangeloはヘッドコーチ(HC)としてNBAのHCではなく、Duke大のCoach K(Mike Krzyzewsk。マイク・シャシェフスキー)を指名した。

次にKobe、LeBronを口説いた。伏線としてKobeはNBA入りしていなければCoach KのDuke大に行っていた可能性があり、2004年にはLakersのHC打診をしていたこともあり、既にCoack Kとは関係が築けていたことがある。

Magic JohnsonとLarry BirdがDream Teamに参加することで他の選手が参加すると決めたように、KobeとLeBronがUSABに参加することは他のスター選手たちを参加させるために必要なことだった。Coach KとColangeloはKobeやLeBronのアドバイスをあおぐというかたちで、トップダウンではなくパートナーとして2人の選手との関係を構築しようとし、それが2人の参加を決意させた。それによって2008年の北京オリンピックでWade、Anthony、Kiddという面々が参加することになった。

チームではKobeは例によって一人黙々と練習をし他の選手とも積極的に交流しなかったのだが、LeBronがKiddたちを全面に出してチームをリードさせつつ、必要な場面でKobeをチームの輪に入れメンバーたちをまとめていたという。

# 余談ではあるが、Coach Kが就任して最初の世界大会は2006年世界選手権(日本で開催)だった。準決勝でギリシャに負けたのだが試合ではパパルーカスとスコルツァニーティスのピックアンドロールをアメリカ代表は全く止められず敗北した。ちょうど観戦していたのだが名前も聞いたことのないギリシャの選手がアメリカの守備を切り裂いて得点していたのは結構衝撃的だった・・・。

Coach Kも2006年の敗北から、メンバーさえ集まれば勝てるということはなく常にチームとしてよくなることの必要性を感じていた。そのために選手の決定は選考委員を都度設けるのではなくColangeloからの招待制とし、選手たちにはKobe、LeBronたちスター選手とプレーできることの価値を説くとともに、数年間のコミットが必要なことも説いた。

記事冒頭には今回のMinicamp参加選手たちのコメントがあるが、選手たちはみな選ばれたことを栄誉と考えるし、何よりも早くそのチームでプレイしたいと述べている。これこそがCoach KとColangeloが望んでいた状況だ。

選手たちのUSABに対するマインドを変えることができ、USABに対するRespectを取り戻したこと。これがまず第1のステップだった。

■Nikeとの関係改善とビジネス面での再建

世知辛い話だが、選手は無給とはいえ選手を集めて、スタッフを集めて合宿を行い強化するにはお金が必要だ。

USABはそれまでNikeと契約していたのだが(※)現在のPrimary SponserであるNikeとは2004年のアテネオリンピックで関係が微妙になっていた。というのは2004年のアテネオリンピックにはNikeが巨額投資をしていたLeBronが出場していたのだが、当時19歳だったこともありほとんどプレイタイムを与えられることはなかった。これによって難しくなっていたNikeとの関係を修復するのがColangeloの仕事だった。

幸いColangeloはこれまでの経験(Arizonaでの野球チームのGM)でNikeのPhil Knightらの幹部とも交流があった。個人的なつながりを生かして”NBA”ではなく”USAB”という別のチーム(=ブランド)と契約する体裁を明確にし、結果として2004年以前の4年間で$9million(約9億円)だったものを2008年までの4年間で$33million(約33億円)まで増額した。(2004年以前は$9millionでは費用が足りずNBAが補てんしていた) さらに2012年までの4年間では$35millionを契約し、これにより下の年代の代表を強化するための費用もねん出できた。

またNikeをPrimary Sponsorとして維持することができたため、それをテコに他のスポンサーを呼び込むことができた。記事の中で触れられているだけでも24 Hour Fitness, American Express, Burger King, Cisco, Dr. Pepper Snapple Group, Gatorade, Jeep, Las Vegas Events, MetroPCS and Right Guard、そしてTiffanyがある。さらにまだいくつか交渉中のものもあるという。

■選手層の充実と下の年代の代表強化

USABが招待した選手のみで構成された2008年の北京オリンピックのあとは、Colangeloは選手のPipeline(補給線)の構築に着手した。U-19世代から始めて8~10年程度国際試合に出てくる選手を確保したいと考えた。選手は当該期間の全ての大会に出れなくても少なくともオリンピック1回と世界選手権1回に出ることを要望している。理想的なローテーションとしては前回の国際大会から半数(6名)、新しく選ばれるメンバーが半数(6名)程度とのこと。

現時点では2012オリンピックメンバー以外に2010世界選手権に出たメンバー(Curry、Love、Rose)、そして出ることが確実視されていたGriffinやHowardに加え、今回のMini-Campの30名がPipelineに加わった形になる。

さらにU-19についても継続性を意識した強化を行い始めた。フル代表と同様、スピードを選手層の厚さを活かしたスタイルのバスケをし、コーチについても継続して指導できるような環境を整えることで、U-19代表で活躍した選手が将来的にフル代表でも活躍しやすいようにしている。

ジュニアからフル代表まで同様のスタイルのバスケをするエリート選手が最低50名程度いる。そのいずれの選手もアメリカを代表することに誇りを持ち、コミットできることを楽しみにしている。まさにアメリカのバスケ大国の復活といえるだろう。

■Colangeloの成し遂げたこと

以上で要約終了。以下は著者の考え。

Colangeloが2005年に就任してから成し遂げたことを並べると

  • アメリカ代表に貢献できることの意義を認識させ、選手が喜んで貢献できる状況にマインドセットを変えさせた
  • 充実した選手層とその補給線を確保した
  • 強化のためにやりたいことができるだけの財政的余裕(お金)を手に入れた

ということがあげられる。

強化と財政再建という両面を一人で行うというのは稀有な存在といえるし、そんなことをできる人は世の中にそういない。

ただ何よりも “the architect of the American basketball renaissance”と書かれているように全体の設計図を描き、その実現に向けて8年の長きにわたって率いてきた、それこそがアメリカ代表を再建させるために必要なことだったのだと思う。

また記事を読んで感じるのは、ヘッドコーチだけでできることは多くないということ。Coach Kも2006年世界選手権では負けている。Coach Kと二人三脚でColangeloがサポートしながらやってきたからこそ再建を成し遂げられた。強化というのは継続的かつ我慢強さが求められる取り組みだし、多くの国のように負けたからといって頻繁にHCを変更しても実を結ばないものなのだろう。

※ 元記事では2004年以前にnikeと契約していたとは書いておらず、文脈から勘違いして読み取っていたため修正しました。@gobluetree629 さんにご指摘いただきました。

[NBA] Top Games of the Year – オフにもNBAを思い出させる

現在NBAはオフシーズンであり、サマーリーグも終わり、7月から始まったFAの移籍市場も大物選手の移籍は落ち着いて少しずつニュースが少なくなってきたところ。

このタイミングを見計らってNBA.comでは”Top Games of the Year”というファン参加型の試みを行っている。

NBA.com | Top Games of the Year(公式サイト)

■取組の概要

内容としては

  • http://www.nba.com/topgames という特別ページを設置
  • 2012-13シーズンの素晴らしい試合10試合をピックアップ
  • ピックアップした試合について、シーズン中に使っていた試合のハイライト動画を並べて表示
  • NBA.tvでピックアップした試合を再放送
  • #NBATopGames のハッシュタグでユーザーは投票(Twitterでの投稿状況も特設ページで見ることができる)

という、非常にシンプルなもの。

(ピックアップされた試合はどの試合も素晴らしくシーズンを通して追っかけていた著者にとっては、どれもすぐに思い出すことができた)

■取組のポイント

今回の取り組みのポイントとして

  • 時期:サマーリーグ、移籍市場、USAB(アメリカ代表)のMini-campが終わりコンテンツが少し枯れている時期
  • 再利用:ハイライト動画はシーズン中のものの再利用(追加コスト極小)
  • ソーシャル:(もはやNBAでは定番だが)twitterでの投票を呼びかけて、ファンの間でも話題が広がるようにしている

という3点があげられる。

NBAのシーズンは11月~6月と年間の半分程度しかないが、試合のないシーズンオフは翌シーズンに向けての仕込みの時期でもあり、その間にいかにファンからのアテンションを下げずに次シーズンへの期待を高めていけるかが重要となる。

全てのコンテンツをNBAのリーグ自体が持っているからこそできているのだと考えられるが、シーズンオフでもネタを途切れさせずかつ低コストでインパクトのあるこのような取り組み、考え方は他のリーグでもすぐに取り組めるのではないだろうか。

[NBA] Social Spotlight – ソーシャルメディア上のファンにライトを当てる

前回の記事でNBAはソーシャルメディアの利用においてリーダーであるという点について書いた。

前回の記事では選手を中心としたコンテンツをどのように生かしていたかという点に触れたが、今回はファンが作成したコンテンツを活かしている方法のうちの一つを紹介したい。

■Social Spotlight概要

まずは下のスクリーンショットを見てほしい。

これは選手やファンたち(時にはチームのオーナーまで)がTwitterとInstagramに投稿した内容を集めてきてタイル状に表示されていて数秒ごとに内容が切り替わる。

nba_socialspotlight

■Social Spotlightの特徴

1年前の記事だが、引用する。

Social Spotlight, on the other hand, takes the best NBA content from Twitter and puts it in one place. Not everyone has time to scour Twitter all day, so these are the smartest comments, most telling stats and coolest photos out there.
NBA expands social media presenceより

いつでもTwitterのタイムラインを見れるわけではない人に、Twitterで最も話題の写真、コメント、スタッツ(試合記録)を提供している、と。

ただやみくもにTwitterから表示しているのではなく、ある程度RT数やお気に入り数などで絞り込んだ結果を表示していると考えられる。

ソーシャルメディアへのインパクトというのは意外と表現しにくいものだと感じているが、NBAはインパクトの大きさを公式サイト上にSocial Spotlightとして集約することで、表現できている。

次回は上記引用記事中にあったNBA Pulseについて触れたい。

[NBA] 2013 Social Media Award – Social Mediaへのインパクトを評価する

NBAが今年で2回目となるSocial Media Awardというのをやっていたので紹介したい。

2013 Social Media Award(元々専用ページがあったのだが現在では結果のページにリダイレクトされる)

Official Releaseはこちら

■Awardの概要

趣旨はSocial Mediaにおいてインパクトを与えたチーム、プレイヤー、ファンを表彰するというもの。ここでいうSocial MediaにはTwitter, Facebook, Instagram, Youtube等が含まれる。

スポンサーはSAP。(SAPはStatsのサイトも提供している→紹介記事

候補はサイトで発表される。またカテゴリごとの候補がNBA.comのサイトで動画として紹介されている。

投票はnba.com/smaのサイトもしくはTwitterで#NBASMAのハッシュタグで投稿する。(NBAにとってTwitterからの集計はもうお手のもの)

最後はNBA tvでの発表となる。ここでの発表には今はコメンテーターをやっている元選手がホストとして登場する。

■Awardのカテゴリ

Awardのカテゴリは以下。

  • Snap Shot Award:写真
  • The Epic Award:歴史に残る試合
  • The LOL Award(Laugh Out Loud:大笑い):大笑いしてしまうような珍プレー
  • Social Slam Award:Social Mediaで話題になったダンク
  • FTW Award(For The Win):勝利に貢献した選手
  • The OMG Award:各チームによる面白ビデオ
  • Trendsetter Award:スタイル、服装でトレンドを巻き起こした選手
  • The 140 Award:ベストツイート
  • The Social MVP:Socialな影響力
  • Social Rookie Award:Socialでインパクトを増したルーキー
  • Social Difference Award:社会貢献
  • Fan Nation Award:ファンたちを表彰

OMGやLOLはTwitterでよく見かけるし、The 140 Awardが入っているのも実にSocial Media Awardっぽくてよい。とにかくこういうのは費用もほとんどかからない(紹介映像程度)のでできるだけ多くAwardを作って、できるだけ多く話題を集めたもの勝ちというところがある。

個人的なお気に入りはSocial Slam AwardのDeAndre Jordanのダンク。ファンだけでなく、選手も含めてTwitter上が騒然としていたのを覚えている。

■NBAがAwardを実施する理由

NBAがこのようなAwardを実施している理由はOfficial Release記事の最後に端的に述べられている。

The NBA continues to be a leader in embracing social media surpassing 400 million likes and followers combined across all league, team and player pages on Facebook, Twitter, Instagram, Sina and Tencent. The NBA was the first professional sports league to exceed one billion videos viewed on its YouTube channel and now has more than 1.3 billion videos viewed overall.

NBAはSocial Mediaを使うことに関してリーダーであり続ける。MLBに比べ試合数が少なく、NFLに比べてアリーナが小さいという不利な点がある一方で他に先駆けていち早く国際化しているNBAにとってはSocial Mediaは非常に相性がよい。それをいち早く見抜いていたからこそSocial Mediaに力を入れてきたのだろう。