アーカイブ

Archive for the ‘Thoughts’ Category

[NBA]2013年記事アクセスランキング

本ブログを始めて約2年。昨年は記事数も増え、ご縁にも恵まれたおかげで本ブログを読んでもらう機会が増えた。2014年になって1ヶ月が経ってしまったが2013年のアクセスランキングを掲載する。

NBAの事業の柱(=商品)であるチケット・動画配信・スタッツなどに関する解説記事が中心で、そこにいくつか小ネタ系の記事が入り込んで来ている。

■2013年記事 アクセスランキング

10位:[NBA] NBAのチケット販売戦略(チケット販売プロバイダーとの提携)

NBAの収入源の柱の1つ、チケット収入に関して。ticketmasterと提携して新規/2次販売の両方を1つのプラットフォームで販売できるようになった。

9位:[NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

小ネタ系。インディアナ・ペイサーズのロイ・ヒバートがGoogle Glassを装着して練習している様子を紹介しました。

8位:[NBA] シーズンスケジュール発表とその盛り上げ方

話題の少ないオフシーズンにどのようにネタを作っていくかは重要です。その1つであるシーズン・スケジュール発表についての紹介記事。

7位:[NBA] NBAのオンライングッズ販売   NBAStore.com

NBAの全チーム統一のグッズ販売プラットフォーム、NBAStore.comの解説記事。

6位:[NBA] もしファンがマネーボールを楽しめたら   NBAとソフトウェア大手SAPのマネーボール的提携

2012-13シーズン、最も大きなインパクトのあったと思われるスタッツのファン向けの公開に関する解説記事。

5位:[NBA] NBAのGlobal戦略   縁のある選手を突破口に各国の市場のステージに対応する

シーズンオフである夏の間のNBAの選手および各チームの活動を見ながら、Global展開をどのように行っているかを解説した記事。

4位:[NBA] ルーキーたちが新ユニホームで変顔写真撮影!?

こちらは小ネタです。ルーキーたちがいち早く名前を覚えてもらうためのきっかけとも考えられる、イベントの作り方について。

3位:[NBA] NBAの動画配信 – NBA League Pass

NBAが力を入れている動画配信の解説記事。

2位:[USAB] バスケアメリカ代表の再建

2004年のアテネ五輪での惨敗以降、アメリカ代表がどのように再建されたかについての記事。ジェイソン・バスケット氏のクリニックに参加して出会った主催者がFacebookで紹介してくれたのをきっかけに、非常に多くの方に読んでもらった。

1位:[NBA] プレイの質の数値化と新たなプロダクトの提供   SportVU Motion Trackingの導入

今シーズンからNBAが導入したSportVUの解説記事で、導入が発表されてすぐに書いた。
トヨタ自動車アルバルク東京の岡田選手 @ysk_okada がツイッターでの紹介をきっかけに多くの方に読んでいただいた記事。

■番外編:ソーシャルメディア関連

[NBA] 2013 Social Media Award  Social Mediaへのインパクトを評価する

[NBA] NBAとTwitterがソーシャルな試合動画観戦方法で提携 – Social Highlights

[NBA] NBA選手によるスポンサーTwitterアカウント乗っ取り

NBAはSocial Mediaを積極的に活用しているが、そのうちのいくつかの取り組みを紹介したもの。ランキングには入らなかったが、評判がよかった記事。

広告

[お知らせ] NBA関連記事のカテゴリーを整理しました

今年になって記事を各頻度を増やし、NBAのビジネスに関連する記事が約20本たまったところで、過去の内容を整理する意味も込めてカテゴリを改めて整理した。

2013/9/10時点の内訳は以下の通り。Off-Season、Social Media関連の記事が多くなっている。Social MediaやTechnologyについては筆者の得意分野だけに、今後も特に記事を充実させていきたい。

NBA  National Basketball Association (20)
– Community (1)
– Global (1)
– Merchandising (1)
– Off-Season (4)
– Owned Media (2)
– Social Media (5)
– Sponsorship (2)
– Stats (1)
– Technology (4)
– Ticketing (1)
– Videos/Photos (1)

またタイトル下のメニューからも各カテゴリにドロップダウンメニューでリンクできるように変更した。

ここのところ紹介していただいたこともあり徐々に読者が増えてきている。引き続き読んでもらえるよう書いていきたい。

カテゴリー:Thoughts

[書評] SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導くFCバルセロナのマーケティング実践講座

本来はNBAについての話題が中心の本ブログだが、標題の本がとてもよかったので紹介したい。

本書はサッカースペインリーグのトップチームであり世界最強のサッカークラブと呼ばれるFCバルセロナに、ビジネスの世界からマーケッターとして飛び込んだ著者の経験をもとに、スポーツに関わる組織の実践的マーケティングを学べる本。

SHOW ME THE MONEY!ビジネスを勝利に導くFCバルセロナのマーケティング実践講座
エステベ・カルサーダ (著), 小澤一郎 (翻訳)
出版社: ソル・メディア

本書をオススメできるポイントをいくつか取り上げてみたい。

・体系的な説明

スポーツ・マーケティングに関する本(下部リンク)としてはエスキモーに氷を売るがあるが、エスキモーに氷を売るは物語調で読みやすいのに比べ、本書のほうがより体系的に書かれている。その分ボリュームも300ページ超と多い。

内容としても分析・戦略・ポジショニングとスポーツ組織においてあまり重要視されないが重要な要素からスタートし、メディア露出、実際のマーケティング(=価値をどのように売上に転換するか)、契約とその実行まで書かれている。おそらくスポーツマーケティングに関する本の中でここまで一貫して書いている本はないだろうし、特にスポンサー契約のひな形まで提示している本はないのではないだろうか。

体系としてはP50のスポーツ・マーケッターのロードマップなどは印刷して(もしくは写真を撮ってスマホに入れて)常に持ち歩きたいくらいわかりやすく、かつ全体を体系的に表していると考える。

・複数の視点

本書の中で定義されているスポーツ・プロパティとして大会、代表チーム、クラブ/チーム、選手がありそのいずれの立場であるかによってマーケティングの意味合いや取りうる方法は変わってくる。それをまんべんなく複数の視点から語っている。

またプロパティ自体の関係者(ステークホルダー)としてもファン(ソシオ)、スポンサー、メディア、サプライヤー、委託業者などがいるが、ポジショニング~メディア露出~マーケティングに至るまでの各プロセスでどのように接するべきか、という点についても触れられている。

上記2点を考慮すると複数の視点からバランスよくかつモレなく述べられている点がとてもよい。

・実践的

体系的でありながら、それぞれの要素の説明が一つ一つ具体的に書かれている。用いられている具体例もFCバルセロナでのものになっており、説得力がある。図表や数字も多い。かといって成功談だけが綴られているわけではなく、着任当初はほとんどのプロダクトを委託してしまっており自分たちでコントロールできるプロダクトがほとんどなく必死に権利を取り戻した話や、権利関係が複雑なために既に契約済みであることに気づかず他のスポンサーに肖像権を売りそうになって冷や汗をかいた話ものっている。

アンブッシュ・マーケティング(オリンピックやワールド-カップなどのイベントにおいて,公式スポンサー契約を結んでいないものが無断でロゴなどを使用したり,会場内や周辺で便乗して行う宣伝活動。(コトバンクより))への対策という項目もある。FCバルセロナならではの内容だ。

おすすめのポイントを3つほど書いたが、ボリュームもありとても一読して理解できる内容ではない。しかし帯の元日本代表主将 宮本恒靖の言葉にあるように、これから何度でも読み返す本として、ぜひ手元においておきたい1冊だ。

エスキモーに氷を売る―魅力のない商品を、いかにセールスするか
ジョン スポールストラ (著), Jon Spoelstra (原著), 中道 暁子 (翻訳)
出版社: きこ書房

カテゴリー:Sports Business, Thoughts

[NBA] NBAでのコメンテーターの役割

スポーツが産業として栄えていくには競技に直接関係のある部分(試合、チケット、会場、チア等のエンターテイメント)以外にも、周辺(というと語弊があるかもしれませんが)の産業が栄えていくことが重要だと考えています。たとえばグッズ販売、雑誌や試合以外のニュースなどのメディア、データ提供などなど。

その中でNBAがよくできているなぁと感じることの一つがNBA.comにおけるコメンテーターの充実ぶりです。今日はその点について書いてみます。

■NBA公式サイトでのコメンテーターの出演

Barkley on Team USA

上のリンクはNBA選手で構成されたオリンピックのアメリカ代表チームについてのコメント。コメントしているのは初代Dreamteamのメンバーでもあるスーパースター、Charles Barkley。現役時代から辛口で有名でしたが、現役引退後も特技(?)を生かしてこのような仕事についています。

Barkleyは一例ですが、SHAQやKenny SmithらそうそうたるメンバーがNBA.comでコメンテーターとしてビデオ出演をしています。彼らが選手時代の経験を生かして試合や選手に関しての深い洞察を提供しています。

■元選手のNBA.comへのコメンテーター出演によりNBAが提供するもの

ファンもより深くバスケを理解することができ、興味も深まります。ファンとしては好きな選手やチームに関して詳しいと思われたいでしょうからね。もちろん私も(笑)。

コアなファンの知的好奇心を見たすこともできますし、比較的新しいファンがよりバスケを理解し、好きになるための機会を提供しているともいえます。こういう努力が地味なファン層の拡大に貢献していると思います。

■元選手のNBA.comへのコメンテーター出演によりNBAが得るもの

もちろん選手にはタダで出演してもらっているわけではないでしょう。NBAとしてはある程度の報酬はコメンテーターに払っているでしょうが、

コメンテーターの出演によってビデオコンテンツが増える
→ ビデオの再生回数が増えれば広告表示される機会が増える(広告枠が増える)
→ 広告スポンサー獲得につながる

ということで報酬分はある程度回収していると思われます。(自社でNBA.comというメディアを持っていることの強みを活かしているともいえます)

■NBAが成功している要因は?

実際にコメンテーターの出演しているビデオの広告表示(インプレッション)データはありません。ですが上記のBarkleyのビデオが6000view程度、同じページに表示されている他のBarkleyのビデオも最低4000view程度は獲得しているようです。

これを見る限り

1. Barkleyのコメンテーターとしての価値(ソフトの価値)
2. Barkleyの価値を金銭化する仕組み(=NBA.comというすでにある程度の効果が期待できるメディア)

がそろっていることが成功の要因と考えられます。

2.については本記事の話題とするコメンテーター以外の要因も考えられるため、ここでは1.価値の高いコメンテーターを番組に登用するという方向について少し考えてみたいと思います。

スポーツリーグ・チームのアドバンテージは選手がそのままセカンドキャリアでコメンテーターとしても活躍する可能性があるということです。やっぱり選手がいうことは説得力あると感じてしまいますし。実際に現役時代から知性的、分析的な選手も一定の人数いるはず。(Jリーグでいうとツネ様とかでしょうか)

それを選手の個性ととらえて、現役時代からファンにアピールしておくというのは一つの方法です。ヒーローインタビューに登場することは少ないかもしれませんが、自チームのメディアや雑誌のインタビューに積極的に出させることでセカンドキャリアとしてスムーズにスタートし、最初から人気のある(価値のある)コメンテーターとして活躍できる可能性が広がります。

実際Barkleyは現役時代からインタビューではかなり毒舌だったという印象ですが、その中にはやはりきらりと光る”眼”というのがあったのだと思います。

■まとめ

今回はコメンテーターという役割を題材に書きましたが、これは論評・分析を提供する雑誌等でも同じことがいえるでしょう。論評・分析を提供する人(=ソフト)の価値およびそれを金銭化する仕組みをつくることで周辺の産業としても発展が期待できます。

とくにスポーツでは選手を使うことでソフトの価値アップの面でのアドバンテージがあります。選手が現役時代から分析力・説明する能力の高い人を見極めて育成していくのが将来的なメディア産業の発展に貢献すると考えます。

[USAB] NBAとUSAオリンピック代表チームの協力関係

オリンピック関連でもう一つ。今度はバスケットボールネタ。

アメリカは1992年のDreamteam以来、NBA選手で構成されたアメリカ代表チームをオリンピックに送り込んでいます → USA Men’s National Team

それについて考察してみたいと思います。(ネタ元はNBA、アメリカ代表の公式サイトとTwitterだけであり、それ以上のところは筆者の想像によるものです)

USAB(アメリカ代表チーム)とNBAの協力関係

今はちょうど準備段階で何試合か親善試合をしている段階です。2年前の世界選手権のときの印象はあまりないのですが、今回はNBAのホームページからUSAB(アメリカ代表チーム)のHPへのリンクが張られたり、NBA.tvでハイライトを流したりと非常に協力的な印象です。また選手も積極的に#USAB2012 というハッシュタグをつけてtwitterに投稿していますね。

#USAB2012(Twitter)

通常オリンピックチームは報酬もなく、けがをするリスクもあるためNBA側(特にチーム)としてはこれまではあまり協力的じゃなかった印象があります。それに比べると今年はNBA側としては選手を送り出すからには徹底的にそれを活用してやろうという意図が見えるようです。

オリンピック期間に入ってしまうと放映等の権利はもろもろオリンピック委員会が独占的に使うことになるので、準備段階でできるだけNBAとしてもバックアップし、かつ選手が出ている試合・練習を積極的に流すことで露出をアップしています。

NBAがアメリカ代表チームをバックアップしている理由は?

◆オフシーズンにもトッププレイヤーの試合を見る機会

6月中旬にNBA Finalが終わった後はNBAはSeason Offに入ります。その間Summer Leagueや移籍市場がありますが、トッププレイヤーたちは新しいシーズンのキャンプまでは通常オフで試合に出ることがありません。それがオールスター以上の豪華な布陣での試合を見ることができるのです。

例年で考えたらシーズンが終わってオフに寂しい思いをしているファンたちにはもう一回オールスターのようなお祭りが来たようなもの。この機会を使わない手はないですね。

◆Global展開の一部として

また昨今加速しているGlobal展開の一部とも考えられます。オリンピック期間に入ってしまえば確かにNBAのリーグとしての放映はできません。ですが、NBAも国際化し多くの海外の選手がNBAで活躍している。今回の各国代表選手にも現役NBA選手や、将来のNBA選手が多数います。

オリンピック準備期間を通してのアメリカ代表チームへファンの関心アップ
→ ファンがオリンピックを観戦する
→ ファンがアメリカ以外のチームでの現役・将来のNBA選手を発見
→ その選手がNBAに来たら試合観戦

という流れでさらにNBAを観戦に行く動機が増える機会となりえます。

以上のように考えるとオリンピックにNBA選手を派遣しているのはNBAにとっても実においしい機会といえます。リスクをとっているのだからその見返りを求めるのは当然ともいえるのかもしれませんが、したたかだなぁと改めて思います。

準備期間中に試合、NBA.tv、グッズ等の売上はUSABとNBAと各チーム間でどのように分配しているのかわかりませんが、3者とも納得するスキームをおそらくNBAは作れるということが、今のNBAのリーグとしての強さの一つなのでしょう。

[JBL] JBL 2011-2012 JBL Awardをマネーボール的に眺めてみる

昨年映画「マネーボール」でセイバーメトリックスが話題になったが、JBLの公式ページからとってきたスタッツを使って今年のレギュラーシーズンのAward受賞者を眺めてみたい。

「JBLアウォード」 レギュラーシーズン表彰受賞者発表

全般的にmetricsとしてはJBLの公式ページからとってきたStatisticsを使って平均値およびHoopdataのサイトhttp://hoopdata.com/advancedstats.aspx からとった指標を使う。

◆PG編

全体的な貢献度を示すAWS(Alternate Win Score)のTOP4は五十嵐、柏木、桜井、田臥の順。得点の効率を示すTrue Shooting%は桜井、柏木、五十嵐、田臥。アシストと安定性を見るAST/TOは田臥、柏木、五十嵐、桜井の順。

各指標のバランスの良さおよびチームとしての結果(シーズン1位)を考えると柏木が選ばれたのは自然。他のPGは貢献はしているけど結果チームはプレイオフに出ていない。またプレイオフに出た他チームのPGはASTだけは成績がよいが出場時間が短くスタッツにはそれほど反映されてない。

◆SG/SF編

次はSG/SF編。各チームのエースポジション。得点は川村、折茂、金丸、小林大、広瀬の順。AWSは川村、金丸、小林大、広瀬、折茂。True Shooting%は金丸、川村、小林大、折茂、広瀬。ポゼッション(その選手で攻撃を終わる回数)は川村、折茂、広瀬、金丸、小林大。ASTは川村、広瀬、折茂、小林大、金丸。川村が選ばれるのは文句なし。金丸も数字を見ればベスト5にふさわしい数字。ただチームの中で一番シュートを打ち一番得点を取りアシストもし精神的支柱としてもチームを引っ張った折茂が選ばれるのは納得。試合を何回も見たけど存在感は別格だった。

◆日本人BIGマン編

AWSは竹内譲、竹内公が飛びぬけて同点で間があいて青野。ということで竹内兄弟にしぼると得点、REB、BLK、出場時間は竹内譲、True Shooting%は竹内公。40分換算では竹内公のほうが数字が上だが、出場して貢献してナンボと考えると竹内譲は妥当。

◆C編

最後はセンター。AWSは桜木JR、ロン・ヘール、ギブズ、リッチー、マクファーリン。得点は桜木JR、ヘール、マクファーリン。REBは桜木JR、マクファーリン、ギブズ。True Shooting%はギブズ、ヘール、JR。出場時間もこの中ではJRのみ30分超。というわけで文句なしで桜木JR。

◆総評

以上敬称略。全般的に出場時間の長さおよびそれが影響するスタッツを重視しているだろうという傾向は分かった。つまり40分単位にならした際の数値=効率を必ずしも重視はしていない。オンザコート1で出場時間が分散して少なくなる外国人選手は不利かも。まだ発表されていないが新人王は金丸で間違いないだろう。

あと今回はREBは数字のみ(本来はリバウンド本数÷外れた全シュート数のリバウンド数に占める割合)が必要だったり、DEFの数字も必要なのだろうけどデータ採りきれず。。。JBLには来季からはベスト5だけじゃなくて、DEFのベスト5やDeffensive Player of the Yearも出してほしいな。