アーカイブ

Archive for the ‘Technology’ Category

[NBA] プレイの質の数値化と新たなプロダクトの提供 – SportVU Motion Trackingの導入

NBAの試合は観戦する人々に興奮と感動を与えるものだが、一方でStats(試合記録)という副産物をもたらす。

Statsについては当ブログの「もしファンがマネーボールを楽しめたら   NBAとソフトウェア大手SAPのマネーボール的提携」という記事の中でSAPの力を借りてStats(Advanced Stats含む)をファンにどのように提供してきたか書いた。

NBAは次のシーズンで全試合にMotion Trackingを導入することに決定した。(下記がNBAの公式プレスリリース)

NBA partners with Stats LLC for tracking technology

STATS LLCというアメリカのスポーツデータ分析の最先端の会社のSportsVUという仕組みを導入する。各アリーナに6台のカメラを設置し、全ての選手の動きを追跡する。取得したデータはNBA Game Time(スマートフォン向けアプリ)、NBA.com、NBA.tvで利用される。

■SportsVUが提供するもの – 選手やボールの動きをわかりやすくするイメージを動画にかぶせる

ただSportsVUで提供されるデータがどのようなものかという点については以下のブログが詳しい。

SPORTVU ADDS TO THE CONVERSATION

記事中では例としてデータを利用した4つの動画が挙げられている。

  1. Kevin DurantとKawhi Leonardの距離の動きを追ったもの
  2. Knicksの攻撃時にHeatのディフェンスの陣形の変化
  3. Kevin DurantがGinobiliからスティールしたディフェンスにおいてKawhi Leonardとどれだけの距離を取っていたか
  4. 3.と同じ攻撃でのThunderのディフェンスの陣形の変化

つまりSportVUの行っていることは動画に対してファンやライターが見たいと思う距離や陣形やその他もろもろのイメージ(レイヤー)を追加していることになる。

■SportsVUが提供するもの – プレイの文脈情報

また記事の後半の例には、これまでのStats(Advanced Stats含む)では語りきれなかった各プレイの文脈(Context)についても情報を得ることができると書いてある。

・アシスト

これまではアシストといえばアシスト数、アシスト%(チームのシュートの何%をアシストしたか)、アシストRatio(100回のポゼッションで何回アシストしたか)、AST/TO Ratioなどが指標として用いられてきた。

ただこれまでのアシストはパスからシュートが入った場合のみをカウントしていて、シュートミスとなった場合やフリースローになった場合、また他のプレイヤーのアシストにつながった場合はカウントしていない。SportsVUではそれらをとらえることができる。Rajon Rondoは1試合あたり1.4本フリースローにつながるパス(“free throw assists”)を出している。Tony Parkerはアシストにつながるパス(”Secondary Assists”)を1試合あたり2本出している。(ちなみにSecondary Assistsが一番多いのはKirk Hinrichで2.9本/試合) またパスの後のシュートがWide Openだったかチェックにあったか、という観点でも数字をとることができる。

・ディフェンス

ディフェンスは数字化しにくいもので、一般的にはその選手がコートにいる場合の100ポゼッションあたりの失点が指標として使われる。Kevin Garnettがコートにいると8.4点/100ポゼッション失点が少ない。非常にKevin Garnettはピックアンドロールに対するディフェンスがうまい選手として知られているが選手との距離の取り方などを見ることでその理由を解明できるかもしれない。

・リバウンド

リバウンドについてはrebounding percentage(コートに出ているときのリバウンドの何%を取ったか)が指標として挙げられ、この点ではReggie Evansがトップである。(ちなみにReggie Evansのように黙々と仕事をこなす選手が筆者は好きである) ただしコート上に出ていても自分とリングの反対側にボールが落ちるなどリバウンドを取れないこともある。自分のほうに落ちたボールをリバウンドチャンスととらえると、そのチャンスのうちどれだけのリバウンドを取ったかという数字のほうが実質的な意味がある。この点ではBrook Ropezがトップとなる。またBrook Ropezがリバウンドの際にどれだけ移動しているかという数字も取れる。(Brook Ropezは6.4ft = 190cm程度)

・Usage

またUsageといって攻撃がそのプレイヤーで終わった回数が何回あったかという指標がある。UsageではCarmelo Anthonyが当然トップなのだが、実はKnicksの攻撃においてはAnthonyよりもRaymond Feltonのほうが長い時間ボールを持っている。(Anthonyは3分28秒/Game、Feltonは5分51秒/Game)

ざざっと記事中で紹介されていたものについて触れたが最後のまとめに以下のようにある。

「全ての数字は何らかの文脈の中で行われている、情報が取れればよりよい議論ができる。トラッキングされているものは数値化できる」

No single stat or number exists that’s going to tell you all you need to know about a player. Everything must be taken in context and the more information you have, the better argument you can make. Well, SportVU is a lot of information.
All of the above is just the tip of the iceberg. If it can be tracked, it can be quantified.

■プレーの質の数値化と新たなプロダクト

これまでのStatsと今回のSportsVUのMotion Trackingによって取得できる情報の違いは、これまでのStatsがプレーの結果(数値)しか取れなかったのに対して、それぞれのプレーの質についての情報を取ることができるようになることだと思う。記事中では文脈と表現しているが、文脈を踏まえたうえでの数字の結果や文脈自体を情報として提供できるようになることで、これまでのスタッツでは評価されなかった選手が評価されたり、プレーの分析が進んだりすることだろう。

ビジネス的な観点でいうと、今回のSportsVUによってNBAは新たなプロダクト(生産物、商品)を手にしたといえるだろう。これまでは何となく理解はされていたけど見過ごされていたプレーの文脈情報を、Motion Trackingの情報としてパッケージして届けることができるようになった。SAPと提携してStatsをstats.nba.comで提供し始めたときもそうだが、新たなプロダクトを届けやすいかたちでパッケージする能力、これこそがNBAが持っているもう一つの強みなのではないかと、この記事を読んで思いを新たにした。

広告

[NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

今回は小ネタ。

NBAの7 footer(2m13cm)の選手から見えている世界ってどんなのだろう?と思っていたのだが、それを体験することができるという記事を発見した。

Roy Hibbert’s Google Glass Gives Inside Look at Indiana Pacers’ Center Workout

Indiana PacersのRoy Hibbertという選手(たしか2m18cmのはず。今年のEastern Conference FinalではHeatを苦しめた)がGoogle Glassを装着し、録画した映像を公開している。2m18cmの身長から打つジャンプショット、ダンク、ブロックショット。いとも簡単にいろいろな動きをこなしているように見える。

# Google Glassの強度を考慮してか、練習中の映像となっている。

選手たちの動きは人から見ていてわかるのだけど、試合中にどのように視線を動かし状況把握し、どのように判断しているかは分からない。だがその状況把握→判断の流れこそがバスケットボールIQの要素の一つだと思っている。

Chris Paulがどのようにオフェンス時にコートの状況を把握しているのか、LeBronがどうやってあんなスピードでドライブしながらパスをキックアウトする先を見つけるのか、Ray Allenがどうやってスクリーンをかいくぐってフリーになりシュートを打つのか、Kevin Garnettがどのように状況を把握してディフェンスを行っているのか、などなど興味は尽きない。

Google Glassはまだまだ入手困難だろうが、GoPro Hero3でもちょっと不恰好で大きいが同じようなことができるのではないだろうか。誰かやってくれる人が出てこないだろうか。

[NBA] NBAとTwitterがソーシャルな試合動画観戦方法で提携 – Social Highlights

Twitterで流れてきた日本のCNETの記事で見つけたトピック。

Twitter、NBAと提携–ツイート内でプレーオフのハイライト映像を配信へ(CNET Japanより)

TwitterとNBA Digitalは、現在開催されている米プロバスケットボールの2013 NBA Playoffsで最もエキサイティングな場面のハイライト映像を、ツイート内にストリーム配信することで提携した。

この提携についてはBloombergが最初に報じたが、Twitterはわずか数日前にESPNと同様の取り決めをしたばかりだ。ESPNとの契約でTwitterユーザーは、サッカー、X Games(エクストリーム系スポーツを集めた競技大会)、大学のアメリカンフットボールの録画映像にアクセスできるようになる。

Twitterによると、NBAのハイライト配信ではSony Pictures Entertainment、Taco Bell、Sprint Nextelがスポンサーになる予定だという。

これだけだと詳細がよく分からないのでBloombergの元記事をあたってみた。非常にわかりやすい。

Twitter Teams With NBA to Stream Basketball Replay Videos (Bloombergより)

説明している部分を本文から引用する。

NBA Digital, a joint venture between the sports league and Turner Broadcasting System Inc. (TBS/B), will post game snippets on Twitter during the playoffs with the hashtag #NBARapidReplay, said Adam Bain, president of global revenue at Twitter. Short advertisements will appear alongside the clips, he said. (Twitter Teams With NBA to Stream Basketball Replay Videosより)

@NBAのアカウントが#NBARapidReplayというハッシュタグでTwitterのタイムライン上で見れるリプレイを投稿する。この#NBARapidReplayのツイートをユーザーが「Awesome!」とか「Incredible!」とかコメントつきでRTすることで、ユーザー同志のコミュニケーションが活発になる。このリプレイには当然のように広告は表示される。

またこの動画はNBA.comのサイト上ではNBA Social Highlightsという特設ページになっている。

NBA Social Highlights(リンク)

ここではゲームごとにページが設けられ、タイムラインに沿ってハイライト動画が作成されている。またタイムラインとあわせてTwitter Volume(おそらくハッシュタグの投稿数)が表示されていて、ハイライトシーンの中でも特にVolumeが大きいもの(反響の大きいもの)が分かる仕組みになっている。

※ ちなみに。数字(Twitter Volume)を集計しておくメリットとしては、あとでランキング(例:もっともVolumeの大きかったハイライトシーンベスト10)を作成することで動画コンテンツを再利用しつつ別の形で届けることができる点がある。

■Twitterにとって提携の意味

TwitterはIPOを目指しており、つい先週ESPNともサッカーや大学フットボール等で同様の提携を結んだばかり。NBAのプレイオフも大詰めを迎えており、これからますます盛り上げる絶好のタイミングで提携を行ったといえる。調査ではTVを見ながらTwitterをする人は視聴者の3分の1を占めているとのこと。それら視聴者にTVに次ぐSecond ScreenをTwitterが提供し、さらにユーザー間のコミュニケーションを活発にすることが期待されている。場合によってはTwitterでリプレイを見てTVをつける可能性だってある。結果これはTwitterのメディアとしての価値を向上させる。

■NBAにとっての意味

NBAにとってはNBA.comとはまた異なった拡散力の強いTwitterというメディアを手に入れたことになる。NBA.comはサイトを訪れてもらうことを待つ必要があるが、Twitterは多くのユーザーへRTを通じてPushでNBAが手を下さなくても拡散する(自己拡散型、とでもいうのであろうか)ことができる点が大きく異なる。結果ユーザーの可処分時間を獲得することができる。またTwitter→TVという導線が確立することで放映権料自体も増加が望める。

Twitterは昨日のNBAのICT(テクノロジー)戦略でも紹介したTechnology Summitにも参加している。おそらくこのころ既にこの提携話は進んでいたのだと思われる。

いずれにしろNBAが提携をうまく使っている一つの例といえるだろう。

■補足

今回のHighlight動画を手軽に作ることができるのは、SnappyTVという会社の技術によるもの。簡単にビデオを編集(場面を切り出し)して、1クリックでYoutubeやTwitter等にポストできる。TwitterのVolumeと試合のタイムラインを見ながら盛り上がった箇所のみをすぐに切り出してアップすることが可能になる。

[NBA]NBAのICT(テクノロジー)戦略

今のNBAの隆盛とテクノロジーの進化は切っても切れない関係にある。

以前に紹介したNBAにファンによるマネーボールも、チケット販売戦略も今日の進歩したICTの技術なしには実現しえなかった。

スポーツのリーグでありながら最新のテクノロジーの成果を取り込んでいくには何かしかけがあるはずだ、と考え調べたところ出てきたのが「2013 NBA All-Star Technology Summit」だった。

リンク:2013 NBA All-Star Technology Summit

■NBA All-Star Technology Summit概要:

ちょうどオールスターが開催されている週の金曜日に行われている。今年でなんと14回目を数えるらしい。テーマは「the next digital frontier」。

  • 基調講演:Media Management for Rocket Scientists (NASAのディレクターが火星で使う画像解析技術の話題をもとに、最新技術について講演)
  • パネル1:Navigating Big Data (Big Dataをどのように製品・サービス開発に役立てているかを、アメリカ教育省、SAP、Bain、Ticketmasterの責任者クラスが参加するパネル)
  • パネル2:Consumer Video Strategies (On-Demandビデオを提供するためのプラットフォームが最もファンにとってよく、かつSustainableかを議論するパネル。参加者はCablevision SystemsのCEO、State FarmのCMO他TurnerやYoutube等。あとMagic Johnsonも!)
  • パネル:Mobile and Tablet Trends (スマートフォン、タブレットがユーザーの第1かつ常時ののアクセス手段となるに従い、メディア企業はどのような戦略を取っているのかを議論するパネル。Sprint、BBVA、Cisco、ESPNとDallas Mavs、Cleveland Cavsのオーナー、Charles Barkleyが参加)
  • 基調講演:Twitter’s Manifest Destiny (Twitter CEOの講演)

各パネルのModeratorもCNNやTurnerのキャスターが務める。

■なぜリーグがこのような会議を主催するのか?

パネラーにしろモデレーターにしろそうそうたるメンツを集めているが14回目を数えているということはそれなりの意図をもって続けていないとできないこと。

参加者は各チームのスタッフと考えられるが、普段チームの活動で忙しいと変化の速い技術動向を追うというのは難しい。したがってリーグとして技術動向を把握するために一流の専門家を集め、活動に役立てようと主導しているのは正しいやりかただと考える。またチーム単位ではこのクラスのゲストを呼ぶことは難しいが、リーグ主導であればAll-Starと同時開催することで集客も見込めゲストも呼びやすくなる。(もちろんNBA自体の知名度もある)

おそらくリーグとしてこの会議を続け、常にICTの動向を把握するようにしてきたことが、Ticketmasterの提携もSAPとの提携なども含めた提携につながっているのだろう。結局会議を毎年行うという仕掛けを作ることで、会議当日だけでなく前後も含めて担当者は常に情報収集を行い最新動向を把握するようにしていったことが成功を(少なくともこれまでは)おさめている理由だったのではないだろうか。

[NBA] もしファンがマネーボールを楽しめたら – NBAとソフトウェア大手SAPのマネーボール的提携

■バスケットボールは数字のスポーツ?

バスケットボールは数字のスポーツだ。

24秒ルール(24秒以内にシュートを打たなければいけない)のため、両チームに平等に攻撃機会が回ってくる。その攻撃の機会をどのくらい得点につなげるか(フィールドゴール(FG)%=シュートの確率)、相手の攻撃をどれだけ防ぐか(ディフェンス・リバウンド、ブロック)、自分たちの攻撃の機会をどれくらい増やすか(オフェンス・リバウンド、スティールなどでターンオーバーを誘う)、攻撃機会のロスをどれだけ減らせるか(自チームのターンオーバーを減らす)という要素の組み合わせでゲームはできている。
そういう意味ではサッカーよりも野球に似ている。

そんなことを学んだのは以下の本から。バスケットボールにおけるマネーボール的分析の最初だと思われる。個人スタッツ(Stats:数字)だけでなくチームスタッツについても触れているが、まず最初に書かれているのは「バスケットボールはどういうゲームか?」ということだった。
Basketball On Paper: Rules And Tools For Performance Analysis

もちろんエキサイティングでスピードとパワーにあふれるプレーを見るのは好きな人が多いが、上記のような数字の側面について語るのが好きな人もいるはずだ。(筆者も例にもれずNBA.comでboxscoreが公開されるようになったころから、数字を眺めてゲームの内容を想像するのが好きだった)

■もしファンが自分で数字を分析してマネーボールを楽しめたら?

そんな筆者のようなファンにNBAのスカウトが使うようなStatsの分析ツールが無料で公開されたら?それを実現したのがNBAとSAPの提携だった。

New service is stats heaven for fans (SportsBusiness.comより)

【事例】NBA、「SAP HANA」を使って新スタッツ・ページを開設 – 深いデータをファンに初公開 (COMPUTERWORLDより)

NBAはソフトウェアパッケージ大手のSAPと提携し、ファンが自分で自由に試合の分析データを見ることができるプラットフォームである、stats.nba.com をリリースした。

NBA Stats

このプラットフォームでは基本的なboxscore(得点、シュート本数・成功率、リバウンド、アシスト、ブロック、スティール、ターンオーバー)だけでなく、advanced statsと呼ばれる攻撃100回あたりの得点・失点、リバウンドの機会のうちどれだけを確保しているか、クラッチタイム(試合残り5分間で5点差以内)のパフォーマンスなど、boxscoreだけでは分析できない数字まで提供している。

■NBAにとってのメリット

NBAにとってのメリットは、プレイだけでなく数字が好きなファン層(おそらく試合を観戦するだけのファンとは違う層)を取り込めること、そしてじっくり見るので結果的にNBA.comサイトへの滞在時間が延びること、オフシーズンでも楽しめることがあげられる。
これらは全てNBAのメディアとしての価値を押し上げる。

またSAPは世界的にトップ企業(Fortune 500企業のうち85%)を顧客にしており、世界では”The Best-Run Businesses Run SAP”というキャッチコピーでそれをアピールしている。
NBAもそのトップ企業(組織)の一部であるという宣言でもありブランド価値の向上に大きく寄与したはず。

■SAPにとってのメリット

SAPにとってもこれは渡りに船の機会だった。

SAPはちょうど去年の初めにHANAというインメモリの高速データベースを自社開発し発表していた。
Advanced Statsは高度で膨大な計算処理を必要とする。また消費者向けBtoCサイトでもあるため、それほど悠長にはファンも待ってくれないため高速な結果表示が求められる。

チャレンジングではあるが、ビッグデータという言葉が流行し、大量データ分析が必要になっていく時代の中で、HANAの力量を示すにはまたとない絶好の機会だったといえる。

■(例によって)コンテンツを最大限に生かす仕組み

NBA Statsのリリース以降、NBAは使い方の説明ページの作成、直近迫ったオールスターの選手をStatsを使って分析する記事の作成、Stats専用のTwitterアカウントによる毎日の#StatLineOfTheNightの配信および試合前のStatsによる予測等を行っている。

使い方ページ – Welcome to NBA.com/Stats

NBA.comでいつも記事を書いているライターによるオールスター選手の分析 – Eastern Conference All-Stars By the Numbers

NBA.com/StatsのTwitterアカウント(毎日配信)

コンテンツであるNBA.com/Statsをアピールし抜け目なく活用するあたりは、前の記事([NBA]AwardとAwardスポンサーのモデルについて)でも書いたようにコンテンツにレバレッジをかけていくというアプローチといえるだろう。