アーカイブ

Archive for the ‘NBA – National Basketball Association’ Category

[NBA] プレイの質の数値化と新たなプロダクトの提供 – SportVU Motion Trackingの導入

NBAの試合は観戦する人々に興奮と感動を与えるものだが、一方でStats(試合記録)という副産物をもたらす。

Statsについては当ブログの「もしファンがマネーボールを楽しめたら   NBAとソフトウェア大手SAPのマネーボール的提携」という記事の中でSAPの力を借りてStats(Advanced Stats含む)をファンにどのように提供してきたか書いた。

NBAは次のシーズンで全試合にMotion Trackingを導入することに決定した。(下記がNBAの公式プレスリリース)

NBA partners with Stats LLC for tracking technology

STATS LLCというアメリカのスポーツデータ分析の最先端の会社のSportsVUという仕組みを導入する。各アリーナに6台のカメラを設置し、全ての選手の動きを追跡する。取得したデータはNBA Game Time(スマートフォン向けアプリ)、NBA.com、NBA.tvで利用される。

■SportsVUが提供するもの – 選手やボールの動きをわかりやすくするイメージを動画にかぶせる

ただSportsVUで提供されるデータがどのようなものかという点については以下のブログが詳しい。

SPORTVU ADDS TO THE CONVERSATION

記事中では例としてデータを利用した4つの動画が挙げられている。

  1. Kevin DurantとKawhi Leonardの距離の動きを追ったもの
  2. Knicksの攻撃時にHeatのディフェンスの陣形の変化
  3. Kevin DurantがGinobiliからスティールしたディフェンスにおいてKawhi Leonardとどれだけの距離を取っていたか
  4. 3.と同じ攻撃でのThunderのディフェンスの陣形の変化

つまりSportVUの行っていることは動画に対してファンやライターが見たいと思う距離や陣形やその他もろもろのイメージ(レイヤー)を追加していることになる。

■SportsVUが提供するもの – プレイの文脈情報

また記事の後半の例には、これまでのStats(Advanced Stats含む)では語りきれなかった各プレイの文脈(Context)についても情報を得ることができると書いてある。

・アシスト

これまではアシストといえばアシスト数、アシスト%(チームのシュートの何%をアシストしたか)、アシストRatio(100回のポゼッションで何回アシストしたか)、AST/TO Ratioなどが指標として用いられてきた。

ただこれまでのアシストはパスからシュートが入った場合のみをカウントしていて、シュートミスとなった場合やフリースローになった場合、また他のプレイヤーのアシストにつながった場合はカウントしていない。SportsVUではそれらをとらえることができる。Rajon Rondoは1試合あたり1.4本フリースローにつながるパス(“free throw assists”)を出している。Tony Parkerはアシストにつながるパス(”Secondary Assists”)を1試合あたり2本出している。(ちなみにSecondary Assistsが一番多いのはKirk Hinrichで2.9本/試合) またパスの後のシュートがWide Openだったかチェックにあったか、という観点でも数字をとることができる。

・ディフェンス

ディフェンスは数字化しにくいもので、一般的にはその選手がコートにいる場合の100ポゼッションあたりの失点が指標として使われる。Kevin Garnettがコートにいると8.4点/100ポゼッション失点が少ない。非常にKevin Garnettはピックアンドロールに対するディフェンスがうまい選手として知られているが選手との距離の取り方などを見ることでその理由を解明できるかもしれない。

・リバウンド

リバウンドについてはrebounding percentage(コートに出ているときのリバウンドの何%を取ったか)が指標として挙げられ、この点ではReggie Evansがトップである。(ちなみにReggie Evansのように黙々と仕事をこなす選手が筆者は好きである) ただしコート上に出ていても自分とリングの反対側にボールが落ちるなどリバウンドを取れないこともある。自分のほうに落ちたボールをリバウンドチャンスととらえると、そのチャンスのうちどれだけのリバウンドを取ったかという数字のほうが実質的な意味がある。この点ではBrook Ropezがトップとなる。またBrook Ropezがリバウンドの際にどれだけ移動しているかという数字も取れる。(Brook Ropezは6.4ft = 190cm程度)

・Usage

またUsageといって攻撃がそのプレイヤーで終わった回数が何回あったかという指標がある。UsageではCarmelo Anthonyが当然トップなのだが、実はKnicksの攻撃においてはAnthonyよりもRaymond Feltonのほうが長い時間ボールを持っている。(Anthonyは3分28秒/Game、Feltonは5分51秒/Game)

ざざっと記事中で紹介されていたものについて触れたが最後のまとめに以下のようにある。

「全ての数字は何らかの文脈の中で行われている、情報が取れればよりよい議論ができる。トラッキングされているものは数値化できる」

No single stat or number exists that’s going to tell you all you need to know about a player. Everything must be taken in context and the more information you have, the better argument you can make. Well, SportVU is a lot of information.
All of the above is just the tip of the iceberg. If it can be tracked, it can be quantified.

■プレーの質の数値化と新たなプロダクト

これまでのStatsと今回のSportsVUのMotion Trackingによって取得できる情報の違いは、これまでのStatsがプレーの結果(数値)しか取れなかったのに対して、それぞれのプレーの質についての情報を取ることができるようになることだと思う。記事中では文脈と表現しているが、文脈を踏まえたうえでの数字の結果や文脈自体を情報として提供できるようになることで、これまでのスタッツでは評価されなかった選手が評価されたり、プレーの分析が進んだりすることだろう。

ビジネス的な観点でいうと、今回のSportsVUによってNBAは新たなプロダクト(生産物、商品)を手にしたといえるだろう。これまでは何となく理解はされていたけど見過ごされていたプレーの文脈情報を、Motion Trackingの情報としてパッケージして届けることができるようになった。SAPと提携してStatsをstats.nba.comで提供し始めたときもそうだが、新たなプロダクトを届けやすいかたちでパッケージする能力、これこそがNBAが持っているもう一つの強みなのではないかと、この記事を読んで思いを新たにした。

広告

[NBA] NBAのGlobal戦略 – 縁のある選手を突破口に各国の市場のステージに対応する

NBAにとってシーズン中はアメリカ国内で試合をしていることが多いため、海外で活動するのはオフシーズンとなる。今年のオフシーズンも例年通り活動をしているが、そのうちのいくつかを紹介しつつ、NBAがどのように各国の市場に入り込んでいっているかを分析してみたい。

■全体像

まずはNBAのGlobalな広がりの全体像を確認するために以下のサイトを参照。

NBA.com Global Map

NBA Global Mapと題してNBAのPlayerがいる国、NBA.comのサイトがある国、facebookのNBAのページがある国を示した地図が画面の右側に表示されている。やや語弊があるかもしれないが、Playerがいる国は選手の供給地、NBA.comのサイトとfacebookページがある国は市場として見ていると考えられる。

そのように見ていくと

  • ヨーロッパ、南米:Player供給地かつ市場
  • アフリカ、ロシア、中米:Player供給地
  • アジア:Playerはいないが市場

とざっくり認識されていると考えられる。

■Basket Without Borders(BWB)

NBAとしてのGlobalでの活動のうち一番大きなものはこのBasket Without Borderだろう。ミッションには

Basketball without Borders (BWB) is the NBA and FIBA’s global basketball development and community outreach program that unites young basketball players to promote the sport and encourage positive social change in the areas of education, health, and wellness.

とある。19歳以下の選手を集めて、バスケットボールのスキルのトレーニングだけではなくCommunity支援活動でもあり、教育・健康など社会的な課題についても取り組むためのキャンプとなっている。

Asia, Africa, Europe, Americaの4地域に分けて1年に2地域ずつ実施されている。その地域にゆかりのある選手+現役のNBA選手を送り込んでいる。去年はAsia, Africaで行われ、Asia地域のBWBは東京で行われている。田臥選手も参加し、現在bj-league秋田ノーザンハピネッツの富樫選手がMVPを受賞した。(BWB Asia 2012の公式サイト

今年はEurope、Americaの2地域で行われた。特にAmericaについてはアルゼンチンで開催され、アルゼンチン出身のNBA選手(ジノビリ、スコラ、デルフィーノ、プリジオーニら)が勢ぞろいする豪華なメンバーによる開催となった。

各キャンプではスキルのトレーニング、スクリメージだけでなく、合間にチームワークや選手として成功するためのNBA選手によるアドバイスや体験談の共有があり、それを通してキャンプ参加者のモチベーションを喚起している。またCommunity支援の一環でNBA選手によるボランティア活動も行っている。(これはNBA CaresというCommunity支援プログラムの一環)

■Pre-season Games

BWBと並んでオフシーズンの目玉としてはPre-Seasonゲームがある。今年のプレシーズンゲームのスケジュールは以下のようになっている。

  • ヨーロッパ
    • Oklahoma City Thunder vs. Fenerbahce Ulker @ Istanbul, Turkey Ulker Sports Arena
    • Philadelphia 76ers vs. Bilbao Basket @ Bilbao, Spain Bizkaia Arena at the BEC
    • Oklahoma City Thunder vs. Philadelphia 76ers @ Manchester, UK Manchester Arena
  • アジア
    • Houston Rockets vs. Indiana Pacers @ Manila, Philippines Mall of Asia Arena
    • Houston Rockets vs. Indiana Pacers @ Taipei, Taiwan Taipei Arena
  • 南米
    • Chicago Bulls vs. Washington Wizards @ Rio de Janeiro, Brazil HSBC Arena
  • 中国
    • Golden State Warriors vs. Los Angeles Lakers @ Beijing, China MasterCard Center
    • Golden State Warriors vs. Los Angeles Lakers @ Shanghai, China Mercedes-Benz Arena

どれも非常によく考えられたカードとなっている。

ヨーロッパのイスタンブールは2010年世界選手権、ロンドンは2012年オリンピックの会場、ビルバオは2014年世界選手権の会場のうちの1つ。そこに2010年の世界選手権でMVPを受賞したKevin Durant率いるOKC Thunderを派遣している。LondonではRegular Seasonのカードも行われる。

アジアについてはYao Mingの時代から太いパイプを持ち台湾出身のJeremy Lin擁するHouston Rocketsと飛ぶ鳥を落とす勢いのPacersを派遣。またつい先日行われたFIBA Asia選手権でフィリピンは世界選手権出場権を獲得し、台湾もベスト4に残ったことで熱が高まっている。

南米に派遣したWashington WizardsにはBrazil代表のNeneがいる。そして2016年のオリンピック開催地でもある。

中国は2008年のオリンピック開催地でもあり、Kobe Bryantが今年訪れたばかり。Yao MingやYi JianlinらNBA選手を多く輩出していたが今は現役でNBAで活躍している選手はおらず、熱が冷めないようにテコ入れといったところか。

■選手個人による訪問

NBAの公式サイトに掲載されているだけで、スーパースターたちの海外訪問は以下の通り。

この中ではPau GasolのみUnicefの活動の一環としてSyriaを訪れており少し毛色が違う。(もともとPau Gasolが医学一家に育ったことも大きい)

特筆すべきはChris Boshのインド訪問。まだまだインドはバスケの実力は発展途上だが人口規模を考慮すると有望な市場であることは間違いなく、そのための先行投資ともいえるだろう。

■各国の市場としてのステージとそれに対するNBAのアクション

こうやって書いてきた内容を総合すると、おそらく国ごとに市場としてのステージがあり、そのステージに対応したアクションをNBAは採用しているのではないかと考えられる。

  • 市場としてこれから発展する可能性があるもしくは発展させたい国(日本、インド、ポルトガル、アルゼンチン)
    ⇒BWBの開催や選手の個人としての派遣
  • 市場として立ち上がりつつある国(フィリピン、台湾、ブラジル)
    ⇒プレシーズンゲームの開催
  • 世界クラスの大会を開催し既に市場が立ち上がっている国(トルコ、イギリス)
    ⇒プレシーズンゲームの開催とレギュラーシーズンの開催

またその過程で必ず各国に関係のある選手を絡ませている。各国に直接関係のある選手がいない場合はスーパースターを派遣している。選手を突破口にしながらチーム、リーグとしてのアクションに発展させていき市場を開拓していく。

選手を突破口にしながら各国の市場としてのステージに合わせたアクション、イベントを開催するという緻密に考えられた戦略を採っているといえるだろう。

[NBA] シーズンスケジュール発表とその盛り上げ方

つい昨日、2013-14シーズンのNBAの試合スケジュールが発表になった。

NBAの動きを見ているとスケジュール発表自体がとても重要なイベントの1つと認識していて、そのためにいろいろな仕掛けをしていた。事前の盛り上げ、スケジュール自体の組み方、発表後の対応とそれぞれ見ていき、最後にNBAにおけるリーグとチームの関係について触れてみたい。

■スケジュール発表前の盛り上げ

その少し前から↑のように@NBAのアカウントがスケジュール発表のNBAtvの特番の宣伝とともにあおっていた。NBAtvではお抱えのアナリストのJeff Van Gandyらが注目のカードについて話をしたようだ。

# NBAtvで特番を組めるのはやはり、NBAがNBA Media Venturesという会社でを持って運営しているからなのだろう。

■注目の試合

スケジュールに関する発表を見ていたところ、注目の試合の要素を抽出するとこのようになる。

  1. 開幕戦
  2. ホーム開幕戦
  3. Thanks Giving
  4. Xmas
  5. 移籍した選手が移籍前のチームのホームに戻る試合
  6. ESPN, ABC, TNTなどのテレビでの全米放送

最初の2つについては当然開幕戦なので注目が集まる。またThanks GivingやXmasについては家族でNBAを見に行くことが一つのイベントになっているアメリカならではなのだろう(アメリカに住んだことがなのでいまいち筆者はピンと来ないのだがTwitterの反応を見ているとそう感じる)。いずれにしても重要な日付の試合については、注目度の高いカードが組まれている。

5つ目については対戦チーム同士が注目の的なので、日程にはそれほどこだわりがない。(日程がいつであってもある程度集客できるという見込が立つ)

6つ目は全米放送だから注目カードなのではなく、注目カードを全米放送にしているようだ(下記リンク先のスケジュール参照)。それにあわせてNBAが宣伝をしているよう。

■Twitterでの反応

やはりファンたちもスケジュール発表を心待ちにしていたらしく、Twitter上で” After checking out the 2013-14 #NBA Schedule, I’m exited to ~”というお決まりのようなリアクションがいくつも@NBAのアカウントにRTされている。また(もはや当然ではあるが)#iMissNBA というハッシュタグを作って、ファンたちのコメントを集めている。

いずれにしても@NBAのタイムラインを見ていると、ファンたちがNBAの開幕が待ち遠しくて仕方ない様子が伝わってくる。

■発表後の話題提供

今日発見したニュース。NBA.comのHang Time Blogで書かれている記事。

THE MOST INTRIGUING GAMES OF 2013-14

1,230試合あるうち、最もおもしろそうな15ゲームをピックアップして見どころを解説している。試合のチョイス自体は強豪チームであるHeat, Pacers, Spurs, Thunderにオフの補強で成功したRockets, Nets, Warriors, Clippersあたりが必ず含まれている。どの試合も全米放送の対象ではあるが、ライターがリーグの意向を受けて試合をピックアップして記事を書いているということは、職業柄おそらくないはず。つまり誰が選んでも注目度の高い試合がこれら15個となるのだろう。

ちなみにこの記事はスケジュール発表の1時間半後に発表されている。こちらも綿密に計画を立てていたと推測される。

■各チームへの対応のメリハリ

NBAのスケジュール発表と各試合のアピールに関する重点の置き方を見ると、試合ごとの価値・集客見込をランク付けしていると考えられる。集客できる強豪チーム、話題のチームで多くの集客、話題、放映権料を集めリーグとしての収益力を高めている。(そして下位チームへの収益の分配はまた別に行っているはず)

(NBAではどのようにしているかは分からないが)一般にチームは加盟料を払ってリーグに加盟しており、それに対してリーグは各チームに対していろいろなサービスを提供しているものと考える。そうすると各チームのアピールに差をつけるのはいかがなものか、という考え方になる可能性は否定できない。

一方でNBAはトップチームを全面に押し出してアピールし、それによって全体のパイが広がった結果を全チームに配分するという考え方にしていると思われる。このメリハリのつけ方もまたひとつNBAがリーグとしての特徴といえるのではないだろうか。

# トップチームを全面に押し出すということは、当然アピールされないチームも出てくる。しかしアピールされていないチームがトップチームに勝つとそれもまたニュースになる。いかに落差を作り、それをニュースバリューに変えていくかという点が重要なのだろう。

[NBA] ルーキーたちが新ユニホームで変顔写真撮影!?

今日Twitterを見ていたら変な写真が流れてきた。

これは今年2013年のルーキー、Kelly Olynikが新チーム、セルティックスのユニホームを着ている写真。(個人的に次のDirk Nowitzkiになるのではないかと期待している逸材)

実はこれは#PaniniNBARookieというRookieたちの写真撮影会の一幕。Panini Americaという選手たちのトレーディングカードなどを作っている会社の、今年のルーキーたちのカード用写真撮影会が行われていた様子をTwitterで中継していたようだ。

選手たちが変顔をしている写真もあれば、まじめな顔の写真もある。また選手がユニホーム姿でドリブルスキルやダンクを披露している10秒以内の短い動画もある。(動画はvine.coというサービスを使って投稿されている)

↓なんとランチタイムの写真まで!これはこれで貴重な写真。ルーキーらしさがあってよい。(この量じゃ絶対食事足りてない・・・)

■ありふれたことをイベントに

おそらくこの写真撮影会は毎年行われていたありふれた光景だったのだと思う。が、それをPanini NBA Rookie Photoというイベントに仕立て上げ、スポンサーであるPaniniの名前を冠にし、さらにオフシーズンのネタの少ない時期に話題作りをすることに成功している。

特筆すべきはびしっと決めたポーズの写真だけでなく、ランチや選手同士がじゃれている写真、変顔写真、撮影中の様子を写した動画まで包み隠さず見せていること。Twitter、Instagram、Vineあたりが主に使われているのだがコストはほぼ0。コストがかからないのであれば接触面を増やす努力(点→面での接触)をしたほうがRTされる対象も増える(膨大なフォロワーがいてこその結果ではあるがそれぞれの写真・動画が50~200前後RTされている)。またいろんな選手・いろんな表情を見せるほうが、いろんな好みのファンにヒットする可能性もある。(このへんはAKB参照)

最後はNBA.comのサイトにちゃんとまとめて写真をアップしてフロー(Twitter上で流れて行ってしまう情報)からストック(NBA.com上でいつでも参照できる情報)に変換している。このへんは抜け目がない。

2013 Rookie Photo Shoot

まとめると、いつも行われていることに名前をつけてイベント化し、SNSの利点を生かして接触面を増やし、きっちり結果はストック化する。ソーシャルメディアの活用で先端を行っていると改めて思い知らされるイベントだった。

[NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

今回は小ネタ。

NBAの7 footer(2m13cm)の選手から見えている世界ってどんなのだろう?と思っていたのだが、それを体験することができるという記事を発見した。

Roy Hibbert’s Google Glass Gives Inside Look at Indiana Pacers’ Center Workout

Indiana PacersのRoy Hibbertという選手(たしか2m18cmのはず。今年のEastern Conference FinalではHeatを苦しめた)がGoogle Glassを装着し、録画した映像を公開している。2m18cmの身長から打つジャンプショット、ダンク、ブロックショット。いとも簡単にいろいろな動きをこなしているように見える。

# Google Glassの強度を考慮してか、練習中の映像となっている。

選手たちの動きは人から見ていてわかるのだけど、試合中にどのように視線を動かし状況把握し、どのように判断しているかは分からない。だがその状況把握→判断の流れこそがバスケットボールIQの要素の一つだと思っている。

Chris Paulがどのようにオフェンス時にコートの状況を把握しているのか、LeBronがどうやってあんなスピードでドライブしながらパスをキックアウトする先を見つけるのか、Ray Allenがどうやってスクリーンをかいくぐってフリーになりシュートを打つのか、Kevin Garnettがどのように状況を把握してディフェンスを行っているのか、などなど興味は尽きない。

Google Glassはまだまだ入手困難だろうが、GoPro Hero3でもちょっと不恰好で大きいが同じようなことができるのではないだろうか。誰かやってくれる人が出てこないだろうか。

[NBA] Top Games of the Year – オフにもNBAを思い出させる

現在NBAはオフシーズンであり、サマーリーグも終わり、7月から始まったFAの移籍市場も大物選手の移籍は落ち着いて少しずつニュースが少なくなってきたところ。

このタイミングを見計らってNBA.comでは”Top Games of the Year”というファン参加型の試みを行っている。

NBA.com | Top Games of the Year(公式サイト)

■取組の概要

内容としては

  • http://www.nba.com/topgames という特別ページを設置
  • 2012-13シーズンの素晴らしい試合10試合をピックアップ
  • ピックアップした試合について、シーズン中に使っていた試合のハイライト動画を並べて表示
  • NBA.tvでピックアップした試合を再放送
  • #NBATopGames のハッシュタグでユーザーは投票(Twitterでの投稿状況も特設ページで見ることができる)

という、非常にシンプルなもの。

(ピックアップされた試合はどの試合も素晴らしくシーズンを通して追っかけていた著者にとっては、どれもすぐに思い出すことができた)

■取組のポイント

今回の取り組みのポイントとして

  • 時期:サマーリーグ、移籍市場、USAB(アメリカ代表)のMini-campが終わりコンテンツが少し枯れている時期
  • 再利用:ハイライト動画はシーズン中のものの再利用(追加コスト極小)
  • ソーシャル:(もはやNBAでは定番だが)twitterでの投票を呼びかけて、ファンの間でも話題が広がるようにしている

という3点があげられる。

NBAのシーズンは11月~6月と年間の半分程度しかないが、試合のないシーズンオフは翌シーズンに向けての仕込みの時期でもあり、その間にいかにファンからのアテンションを下げずに次シーズンへの期待を高めていけるかが重要となる。

全てのコンテンツをNBAのリーグ自体が持っているからこそできているのだと考えられるが、シーズンオフでもネタを途切れさせずかつ低コストでインパクトのあるこのような取り組み、考え方は他のリーグでもすぐに取り組めるのではないだろうか。

[NBA] Social Spotlight – ソーシャルメディア上のファンにライトを当てる

前回の記事でNBAはソーシャルメディアの利用においてリーダーであるという点について書いた。

前回の記事では選手を中心としたコンテンツをどのように生かしていたかという点に触れたが、今回はファンが作成したコンテンツを活かしている方法のうちの一つを紹介したい。

■Social Spotlight概要

まずは下のスクリーンショットを見てほしい。

これは選手やファンたち(時にはチームのオーナーまで)がTwitterとInstagramに投稿した内容を集めてきてタイル状に表示されていて数秒ごとに内容が切り替わる。

nba_socialspotlight

■Social Spotlightの特徴

1年前の記事だが、引用する。

Social Spotlight, on the other hand, takes the best NBA content from Twitter and puts it in one place. Not everyone has time to scour Twitter all day, so these are the smartest comments, most telling stats and coolest photos out there.
NBA expands social media presenceより

いつでもTwitterのタイムラインを見れるわけではない人に、Twitterで最も話題の写真、コメント、スタッツ(試合記録)を提供している、と。

ただやみくもにTwitterから表示しているのではなく、ある程度RT数やお気に入り数などで絞り込んだ結果を表示していると考えられる。

ソーシャルメディアへのインパクトというのは意外と表現しにくいものだと感じているが、NBAはインパクトの大きさを公式サイト上にSocial Spotlightとして集約することで、表現できている。

次回は上記引用記事中にあったNBA Pulseについて触れたい。