ホーム > NBA - National Basketball Association, Off-Season > [NBA] シーズンスケジュール発表とその盛り上げ方

[NBA] シーズンスケジュール発表とその盛り上げ方

つい昨日、2013-14シーズンのNBAの試合スケジュールが発表になった。

NBAの動きを見ているとスケジュール発表自体がとても重要なイベントの1つと認識していて、そのためにいろいろな仕掛けをしていた。事前の盛り上げ、スケジュール自体の組み方、発表後の対応とそれぞれ見ていき、最後にNBAにおけるリーグとチームの関係について触れてみたい。

■スケジュール発表前の盛り上げ

その少し前から↑のように@NBAのアカウントがスケジュール発表のNBAtvの特番の宣伝とともにあおっていた。NBAtvではお抱えのアナリストのJeff Van Gandyらが注目のカードについて話をしたようだ。

# NBAtvで特番を組めるのはやはり、NBAがNBA Media Venturesという会社でを持って運営しているからなのだろう。

■注目の試合

スケジュールに関する発表を見ていたところ、注目の試合の要素を抽出するとこのようになる。

  1. 開幕戦
  2. ホーム開幕戦
  3. Thanks Giving
  4. Xmas
  5. 移籍した選手が移籍前のチームのホームに戻る試合
  6. ESPN, ABC, TNTなどのテレビでの全米放送

最初の2つについては当然開幕戦なので注目が集まる。またThanks GivingやXmasについては家族でNBAを見に行くことが一つのイベントになっているアメリカならではなのだろう(アメリカに住んだことがなのでいまいち筆者はピンと来ないのだがTwitterの反応を見ているとそう感じる)。いずれにしても重要な日付の試合については、注目度の高いカードが組まれている。

5つ目については対戦チーム同士が注目の的なので、日程にはそれほどこだわりがない。(日程がいつであってもある程度集客できるという見込が立つ)

6つ目は全米放送だから注目カードなのではなく、注目カードを全米放送にしているようだ(下記リンク先のスケジュール参照)。それにあわせてNBAが宣伝をしているよう。

■Twitterでの反応

やはりファンたちもスケジュール発表を心待ちにしていたらしく、Twitter上で” After checking out the 2013-14 #NBA Schedule, I’m exited to ~”というお決まりのようなリアクションがいくつも@NBAのアカウントにRTされている。また(もはや当然ではあるが)#iMissNBA というハッシュタグを作って、ファンたちのコメントを集めている。

いずれにしても@NBAのタイムラインを見ていると、ファンたちがNBAの開幕が待ち遠しくて仕方ない様子が伝わってくる。

■発表後の話題提供

今日発見したニュース。NBA.comのHang Time Blogで書かれている記事。

THE MOST INTRIGUING GAMES OF 2013-14

1,230試合あるうち、最もおもしろそうな15ゲームをピックアップして見どころを解説している。試合のチョイス自体は強豪チームであるHeat, Pacers, Spurs, Thunderにオフの補強で成功したRockets, Nets, Warriors, Clippersあたりが必ず含まれている。どの試合も全米放送の対象ではあるが、ライターがリーグの意向を受けて試合をピックアップして記事を書いているということは、職業柄おそらくないはず。つまり誰が選んでも注目度の高い試合がこれら15個となるのだろう。

ちなみにこの記事はスケジュール発表の1時間半後に発表されている。こちらも綿密に計画を立てていたと推測される。

■各チームへの対応のメリハリ

NBAのスケジュール発表と各試合のアピールに関する重点の置き方を見ると、試合ごとの価値・集客見込をランク付けしていると考えられる。集客できる強豪チーム、話題のチームで多くの集客、話題、放映権料を集めリーグとしての収益力を高めている。(そして下位チームへの収益の分配はまた別に行っているはず)

(NBAではどのようにしているかは分からないが)一般にチームは加盟料を払ってリーグに加盟しており、それに対してリーグは各チームに対していろいろなサービスを提供しているものと考える。そうすると各チームのアピールに差をつけるのはいかがなものか、という考え方になる可能性は否定できない。

一方でNBAはトップチームを全面に押し出してアピールし、それによって全体のパイが広がった結果を全チームに配分するという考え方にしていると思われる。このメリハリのつけ方もまたひとつNBAがリーグとしての特徴といえるのではないだろうか。

# トップチームを全面に押し出すということは、当然アピールされないチームも出てくる。しかしアピールされていないチームがトップチームに勝つとそれもまたニュースになる。いかに落差を作り、それをニュースバリューに変えていくかという点が重要なのだろう。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。