ホーム > NBA - National Basketball Association, Technology > [NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

[NBA] Google Glassで7-footerの選手が見ている世界を体験する

今回は小ネタ。

NBAの7 footer(2m13cm)の選手から見えている世界ってどんなのだろう?と思っていたのだが、それを体験することができるという記事を発見した。

Roy Hibbert’s Google Glass Gives Inside Look at Indiana Pacers’ Center Workout

Indiana PacersのRoy Hibbertという選手(たしか2m18cmのはず。今年のEastern Conference FinalではHeatを苦しめた)がGoogle Glassを装着し、録画した映像を公開している。2m18cmの身長から打つジャンプショット、ダンク、ブロックショット。いとも簡単にいろいろな動きをこなしているように見える。

# Google Glassの強度を考慮してか、練習中の映像となっている。

選手たちの動きは人から見ていてわかるのだけど、試合中にどのように視線を動かし状況把握し、どのように判断しているかは分からない。だがその状況把握→判断の流れこそがバスケットボールIQの要素の一つだと思っている。

Chris Paulがどのようにオフェンス時にコートの状況を把握しているのか、LeBronがどうやってあんなスピードでドライブしながらパスをキックアウトする先を見つけるのか、Ray Allenがどうやってスクリーンをかいくぐってフリーになりシュートを打つのか、Kevin Garnettがどのように状況を把握してディフェンスを行っているのか、などなど興味は尽きない。

Google Glassはまだまだ入手困難だろうが、GoPro Hero3でもちょっと不恰好で大きいが同じようなことができるのではないだろうか。誰かやってくれる人が出てこないだろうか。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。