ホーム > NBA - National Basketball Association, Social Media > [NBA] Social Spotlight – ソーシャルメディア上のファンにライトを当てる

[NBA] Social Spotlight – ソーシャルメディア上のファンにライトを当てる

前回の記事でNBAはソーシャルメディアの利用においてリーダーであるという点について書いた。

前回の記事では選手を中心としたコンテンツをどのように生かしていたかという点に触れたが、今回はファンが作成したコンテンツを活かしている方法のうちの一つを紹介したい。

■Social Spotlight概要

まずは下のスクリーンショットを見てほしい。

これは選手やファンたち(時にはチームのオーナーまで)がTwitterとInstagramに投稿した内容を集めてきてタイル状に表示されていて数秒ごとに内容が切り替わる。

nba_socialspotlight

■Social Spotlightの特徴

1年前の記事だが、引用する。

Social Spotlight, on the other hand, takes the best NBA content from Twitter and puts it in one place. Not everyone has time to scour Twitter all day, so these are the smartest comments, most telling stats and coolest photos out there.
NBA expands social media presenceより

いつでもTwitterのタイムラインを見れるわけではない人に、Twitterで最も話題の写真、コメント、スタッツ(試合記録)を提供している、と。

ただやみくもにTwitterから表示しているのではなく、ある程度RT数やお気に入り数などで絞り込んだ結果を表示していると考えられる。

ソーシャルメディアへのインパクトというのは意外と表現しにくいものだと感じているが、NBAはインパクトの大きさを公式サイト上にSocial Spotlightとして集約することで、表現できている。

次回は上記引用記事中にあったNBA Pulseについて触れたい。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。