ホーム > NBA - National Basketball Association, Owned Media > [NBA] NBAのメディア記事のクオリティとライターの関係

[NBA] NBAのメディア記事のクオリティとライターの関係

すごく単純化してしまうとNBAというスポーツビジネスは試合もしくはその周辺で起こっている出来事というコンテンツを、アリーナやテレビや動画配信や新聞・雑誌・ブログなどの記事を通じて届けるビジネスだ。

その観点からいうと新聞・雑誌・ブログなどで記事を書いてくれるライターは、届けるコンテンツの質・量を左右するとても重要な要素だ。NBAがそこにどのように取り組んでいるかを見ていきたい。

■NBA.com(公式サイト)で配信している記事

  • HANG TIME BLOG:試合に関するもの中心
  • ALL BALL BLOG:サイドストーリー中心
  • Ten Before Tip:試合開始直前の速報(選手の出場情報等)Daily Zap(振り返り?)
  • CharlesBarkley.com: 元選手スーパースターだったチャールズ・バークレーの試合前のコメント動画
  • Mikefratello.com:元ヘッドコーチのマイク・フラテロの記事
  • NBA Stats Featured Article:NBA Stats(試合のスタッツ)を利用した特集記事

一番充実しているのはHANG TIME BLOGである。Sekou Smithという一人の看板ライターを中心に全部で6名のライターが入れ替わり立ち代わり記事を書いている。またHANG TIME BLOGにの中にあるBLOG TABLEというコーナーでは、1つのテーマに対して比較的短文でそれぞれのライターが意見を投稿している。

※余談だがHANG TIME BLOG、ALL BALL BLOG、Ten Before TipはWordpressで作られているようだ。

これだけの記事を公式サイトNBA.comで配信している。元々アクセス数が多いNBA.comというメディアに掲載されるというのは、ライターにとってもメリットの大きい話だと思う。

一方で公式サイトに掲載するには記事の質を担保する必要がある。ここは確かではないが、HANG TIME BLOGでは6名というグループで記事を書くことにより、お互いを刺激し合って高めているのはないかと思う。また全て署名記事なので質が低ければすぐにリアクションが返ってくるというのもよい記事を書くプレッシャーになっていると考えられる。

■それだけの記事を作るためにNBAが提供しているもの

NBAは試合会場での記者席の提供、試合後のミックスゾーン(?)での取材の許可、試合前後のロッカールームでの取材の許可、試合後のPress Conferenceをライターに提供している形となる。またおそらく試合動画の提供なども行っているはず。

■取材環境と媒体がそろえばよいのか?

ではリーグが取材の環境や記事を掲載する媒体を提供すればそれで記事の質も量も増え、記事を書きたいというライターが増えるのか?

記事の量が増えて、ライターの数が増えるというのは結局は記事を書くことで食えるかどうかにかかっている。記事を提供するメディアがないと食っていけないが、記事を提供するライターがある程度の数がいないとメディアが成立しない。にわとりたまごの関係にある。

また記事の質については一朝一夕には上がったりしない。試合に関する深い洞察はバスケットボールの知識と各チームがおかれた状況や戦力の分析が必須だ。読みたくなるようなサイドストーリーはライターと記事の対象となる選手の関係の深さが影響していると考える。これらは一朝一夕には培えない。

※日本語で読める記事で非常に質が高く続けて読みたくなるのは元アイシンの佐古賢一さんが書いている「カットインNBA」と宮地陽子さん(@yokomiyaji)がNumberやSportivaに書いている記事だけ。

また質の高い記事を読んでくれる目の肥えた読者も必要だろう。

結局記事を提供する側も読む側も一朝一夕には育たないため、文化とでもいうのか時間をかけて育てていく必要がある。

■余談

とはいえ日本での記事の質は決して高いとはいえない。宮地陽子さん(@yokomiyaji)にライターのための研修会など開いてもらえるとなぁ。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。