ホーム > NBL/JBL - Japanese Top League > [JBL] リンク栃木山谷氏が卒論執筆中

[JBL] リンク栃木山谷氏が卒論執筆中

あけましておめでとうございます。

昨年1月に本ブログを始めたものの、ほとんど更新することができませんでした。とはいえ去年はオフラインではいろいろ日本のバスケ界の情報を得る機会も作っていたので、それを少しずつ今年はアウトプットしていきたいと考えています。

さて、新年になり、JBLのリンク栃木ブレックス前代表の山谷氏(現:新リーグ運営副本部長兼COO)がリンク栃木ブレックスからの卒論として、ブログを執筆しています。

ブレックス卒論(1) “プロ”の定義とは?(リンク栃木ブレックス Break Through通信)

著者も数度、山谷氏のお話しを拝聴する機会がありましたが、お話しされていることはいつも一貫しています。

「経済市場の中で生産活動を行うことによって対価を得て拡大再生産を指向する団体、またはそのシステムの中でパフォーマンスの対価として報酬を得ている者」

言われてみれば当たり前のことではあるのですが、このあたりの議論からスタートしなければいけないのがまた日本バスケ界の現状でもあります。

リンク栃木は成績には波があるのですが、それでもJBL優勝も果たしています。実質トップリーグのプロチームとして結果を出しているチームの経営者のまとまった考え方を読めるのは貴重な機会です。続きも期待したいと思います。

■追記(2013/2/1)

続編が1/28にアップされました。

ブレックス卒論(2) 「P化」のために必要なこと

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。